さいたま新都心で注文住宅を買うデメリット

さいたま新都心で注文住宅を買うデメリットとして、土地代の高さがあります。再開発が進んだことにより、新規で土地を購入する場合にはかなりの予算が必要となります。その結果、建物を建てるための予算が少なくなってしまいます。また土地も十分な広さを確保できないことから、ハウスメーカーが提供するローコスト住宅の建設が難しいというデメリットもあります。もちろん、工務店に依頼してもコストを抑えた住宅建設は可能です。むしろ狭い土地であれば、工務店の方が住みやすい設計を行える場合があります。また、新築のマンションが多く建設されることから、将来転売する際にどれほどの価格をつけることができるかといった課題もあります。そのような点を考慮して建設することが必要になります。

住宅建設のデメリットにおける対策とは

さいたま新都心は地価の高さにより、広い土地を確保するのが難しくなっています。そのために狭い土地でも快適な生活が実現するような設計が必要になります。設計事務所に依頼すると予算はかなり高くなるので、工務店に注文住宅を依頼するのがベストです。土地の条件を考慮した設計を得意としていますし、狭い立地や日当たりが良くない場所でも快適な生活が送れる住まいを建設しています。特に狭小地での設計を得意とするところか多くみられるために、限られた予算でも快適な生活が送れるような家を建てることが可能です。また北欧住宅の人気が高まっていることから、コンパクトな家が注目されています。広さにこだわることなく土地に合わせた設計をするようにすれば、満足できる住まいを手に入れることができます。

将来の資産価値を見越した住宅設計について

さいたま新都心では再開発が入ったことで、大型のマンションが多く建設され人気を集めています。そのような中で注文住宅を建てると、将来何かしらの事情で手放す際に、希望するような価格で売らないことも考えられます。けれども戸建て住宅の利点である土地の保有と、近隣とのトラブルが少ないことが理由となって、戸建て住宅には一定の需要があります。その上で資産価値の高い設計を行うことで、転売時にも満足できる価格で買い手を探すことは可能です。コンパクトな家はメンテナンスにもそれほど費用はかかりませんし、外壁塗装もしっかりと高品質を保つように行うことができます。このように広さは、確かに十分に確保はできませんが、快適な住空間を生み出すことはできますし、人気が高まっているコンパクトな家を建てることができます。