今さいたま新都心で注文住宅が売れている

さいたま新都心では注文住宅の需要が増えています。高層マンションの人気の中で戸建て住宅が需要を増している理由は、土地も取得できるからです。マンションの場合にはほとんど建物の価値しか残りませんが、戸建て住宅ならば築年数がどれほど経過しても土地代が確保されます。つまり、どれほど古くなってもある程度の価格で売却できるというわけです。さらに戸建て住宅のバリエーションが増えたことも人気の理由です。特に自然素材を使った健康に配慮した住宅は需要を増やしています。北欧調であれば、狭小地でも建設することができます。狭さを逆に生かして住みやすさにつなげているのが特徴です。コンパクトな室内にお気に入りの家具などを揃える生活スタイルが人気とあって、特に売れています。

狭小地での建設ができる住宅が人気です

さいたま新都心は再開発の影響により、地価が上昇しています。そのために同じ予算でも購入できる土地は狭くなってきています。けれども地元の工務店であれば、そのような狭い土地でも住みやすい注文住宅を建設することができます。その上、近年人気を集める北欧調の住宅建設に力を入れている業者も増えているので、多くの需要を集めています。北欧調住宅は断熱性がポイントとなりますが、日本の気候風土にも合わせて開発されているので、室内に湿気がこもりにくくなっています。その理由は、天然素材を使っていることにあります。これは余計な湿気を吸い取る調湿機能があるからです。逆に乾燥する季節には、内部にためた湿気を放出してくれるので快適な室内環境を提供してくれることになるわけです。

健康に優しい家が人気を集めています

さいたま新都心は中心部から離れると自然に恵まれた地域となります。そのために住環境にも恵まれるために、注文住宅が人気となるわけです。このような環境の中で、自然素材を使った家作りが注目されています。国の政策でも健康に配慮した住宅建設が推進されていますし、補助金を得ることもできます。これは気密性が高まったことにより、室内にホルムアルデヒドなどの有害物質がこもるのを防ぐことが目的となります。そこで自然素材を使うことで、人体に有害な化学物質を吸着してくれるようになります。換気をすることで、吸着した化学物質は屋外へと排出することができます。このような環境に配慮した注文住宅の建設が増えていることで、自然環境を感じることができるために需要が増えているというわけです。